NEWS

【 NEW ARRIVAL 】 Fall & Winter collection 2020 Vol.2

1926年に創業されて以降、熟練のカラーリストたちの巧みな技術と、
イタリア人らしい大胆かつ繊細なパティーヌによって
多くの革靴ファンを魅了し続けるFRANCESCO BENIGNO の2020年秋冬のコレクション。

新作紹介の第2弾となる今回は、ウイングチップやモンクストラップなど
メンズドレスシーンを楽しむならば欠かすことのできないシューズたちにスポットを当てたい。

オーセンティックなデザインのシューズたちが
“パティーヌの魔術” のなかで一体どんな表情を見せていくのか。

とくとご覧あれ。

G4887-LU12 | ¥57,200-

丸みのある木型を用いたロングウイングは
クラシックな趣を残しながらも、どこか現代的な佇まい。

カラーのHAVANAが意味するのは、かつて栄えたキューバ有数のリゾート地。

軽やかな色彩に宿るコロニアルな雰囲気は、
この街を愛し、喪失の時代を力強く生きた文豪、A・ヘミングウェイさながらの
行動的で武骨なダンディズムを感じさせる。

BRUCIATO の技法から生まれるアンティークのようなムラ感も
シューズから滲み出る色香を語るうえでは欠かせないディテールだ。

G4882-CB31 | ¥57,200-

端正な印象でクラシックな雰囲気の強い内羽根のウイングチップも
FRANCESCO BENIGNO の提案となれば一癖も二癖も変わる。

僅かにフェードしたブルーから秋色でもある深い色合いのバイオレットへのグラデーションは
秋の嵐にインスピレーションを受けたカラーリング。

嵐の夜もやがて過ぎ去っていく。
遥か遠くの空が光を取り戻そうとほのかに青く、白んでいくような――。

静謐にして荘厳。
そんな雰囲気が湛えてられている1足ではないだろうか。

G4874-CB63 | ¥57,200-

ウイングチップと言えば、豊富なコンビパターンも魅力の1つ。
FRANCESCO BENIGNO は今シーズン、アズーロ・エ・マローネの王道の配色で
コンビのウイングチップを提案する。

CIOCCOLATO と呼ばれる深い濃茶に爽やかな印象の水色は
豊かさの象徴である大地と海を表現。

ローマ帝国以来、連綿と続く歴史ある風土に裏打ちされた自然への深い造詣と
モードファッションの先端を走るなかで求められる豊かな色彩感覚が噛み合うとき
アズーロ・エ・マローネはプロダクトとして完成するのだ。

G4881-CB21 | ¥61,600-

燃えるようなレッドが目を引くダブルモンクは
まさにイタリアならではの色彩と言って相違ない。

太陽の光をたぶんに吸収したトマトの実のように鮮やかな色味は
冬の寒空の下であっても活力と情熱を私たちに与えてくれるだろう。

甲部分がクロコダイルの型押しレザーに切り替わっている点も
さり気ない洒落っ気を醸す、イタリア的な伊達男が魅せるエレガンスの象徴だ。

■《 NEW ARRIVAL 》
https://fb-onlinestore.com/?category_id=5e994ac4bd21781b7fded57b

■FRANCESCO BENIGNO
https://fb-onlinestore.com/?category_id=5e8ad7ed9df163184c264cc3

■お問合せはこちら
info@francescobenigno.jp